トップページ > 内視鏡検査について > 大腸内視鏡検査の流れ

内視鏡検査について

大腸内視鏡検査の流れ

検査5日程前より

ゴマ、漬物類、海藻類、キノコ類、こんにゃく類、果物の種、トウモロコシ、トマトなどは控えます。
このページのトップへ戻る

検査前日

  • 夕食は早めに済ませます。
  • 夜9時頃に、検査用の下剤を2種類を飲みます。(朝までに何度か排便があります)
  • お水やお茶などの水分摂取は構いません。
このページのトップへ戻る

検査当日

朝
  • 朝食は絶食です。牛乳・ジュース類は飲まないでください。
  • お水やお茶などの水分摂取は構いません。
  • 日頃、降圧剤を服用されている方は、午前7時頃に服用します。
来院後

腸をきれいにする薬(下剤)を飲んでいただきます。薬を飲み始めて、 約1時間後くらいから排泄が始まります。便が黄色の水様便になったら検査になります。
※自宅で薬(下剤)を飲むこともできます。

検査前
検査着に着替えていただきます。
検査
  1. 左側を下にして横に寝ます。
  2. お腹の力を抜きましょう。内視鏡の挿入がスムーズになるように、看護師が腹を押さえます。
  3. 検査中にお腹に空気を入れます。お腹が張る時はがまんせず出して下さい。
  4. 個人差はありますが、検査時間は15~30分位です。
検査後
検査後の体調と安全を確認するため、ベッドで休んでいただきます。
【検査のみの方】検査後、帰宅できます。夕食は普通に食べれます。
【ポリープを切除された方】止血のための点滴があります。
  • 検査は、月・火・水・金・土の午後の【予約制】となります。
  • 腸管洗浄液の内服は、ご自宅でも、当院でもどちらでも結構です。
  • 不安のある方には、ご希望により検査開始前より鎮静薬を使用します。
  • 検査開始後に腹痛を伴った場合は、その時点で軽い鎮静薬を使用します。
このページのトップへ戻る

小さなポリープも見逃さず、すべてその場で切除します

当クリニックの大腸内視鏡検査のメリットは、後日改めてではなく、どんな小さなポリープでも入院なしでその場で切除することです。二度手間にならないため、多くの患者様に喜ばれています。

内視鏡的ポリープの切除
このページのトップへ戻る

説明もその日のうちに

検査終了後、すぐに所見を説明いたします。

詳しい病理検査などの結果は後日のご報告となります。患者様が一番心配される癌であるかどうかについては、ある程度の予想でお話して、結果が出るまでの不安を解消するようにしています。

説明写真
ご案内
ご予約・お問い合わせ
TEL:0265-82-8614
地図
◆診療内容
内科/胃腸科/小児科/人間ドック/往診・訪問看護
◆診療時間
診療時間表
○=一般診療 △=大腸内視鏡検査
※日曜日・祝日・木曜日午後は休診
※受付は各診療終了時間の1時間前までにお願いいたします。
ご予約についてはこちら
院長ブログ 通所リハビリ すずらん病児保育室 スタッフ募集