トップページ > 内視鏡検査について > NBI(狭帯域光観察)について

内視鏡検査について

NBI(狭帯域光観察)について

粘膜表層の毛細血管や微細模様を強調表示

当クリニックでは、高精度な内視鏡検査が可能で、早期がんなどの発見に役立つオリンパスの医療機器「NBI」(狭帯域光観察)を導入します。

NBIは、通常の内視鏡になかった特殊光を使い、粘膜の表面に現れない血管などの病変をくっきり映し出す画像診断技術です。2つの短い波長の光(狭帯域光)を用いることで、細胞の異常などを発見しやすくなっています。

がん細胞は活発に増殖を繰り返し、栄養を運ぶために非常に細い血管を生成します。

そのため病巣には、正常時に見られない不整形な模様ができる特徴もあります。

そこで、NBIで検査・診断すれば、実際に消化器がんの栄養補給路となっている粘膜表層の毛細血管や微細模様を強調表示できるため、今まで以上に食道・胃・大腸などの早期がん診断や治療に役立つといえます。

通常光画像とNBI画像

大腸の内視鏡検査で、通常光とNBIをそれぞれ使った場合の画像。NBIのほうが毛細血管や微細模様などの病変がくっきり分かります。
※写真提供/オリンパス

ご案内
ご予約・お問い合わせ
TEL:0265-82-8614
地図
◆診療内容
内科/胃腸科/小児科/人間ドック/往診・訪問看護
◆診療時間
診療時間表
○=一般診療 △=大腸内視鏡検査
※日曜日・祝日・木曜日午後は休診
※受付は各診療終了時間の1時間前までにお願いいたします。
ご予約についてはこちら
すずらん会のご案内 院長ブログ 通所リハビリ すずらん病児保育室 スタッフ募集